住宅ローンが払えない場合|カフェのような不動産会社で行っているサービス|利用するメリット

カフェのような不動産会社で行っているサービス|利用するメリット

積木

住宅ローンが払えない場合

一軒家

通常、住宅ローンが支払えなくなってしまった際には債権者から強制的に支払いに向けた行為を受けてしまいます。ここで取り上げる債権者とは、例えば住宅ローンを組んだ元である金融機関などのことを指します。そして支払いに向けた行為とは、例えば債務者が保有する土地などの資産を売却することです。この行為は裁判所を通して強制的に行なわれるのです。強制的に資産を売却し、得られた金額をもって住宅ローンの支払いを行なうこの行為を競売と呼びます。
この競売という行為を回避するためには、住宅ローンが支払えるほどの高値で不動産を売却するか、別ルートから資金を用意しなければなりません。しかし、住宅ローンの支払いに困っている状況の債務者にとっては簡単な方法ではないのです。そこで一躍脚光を浴びた方法が任意売却という手法です。
任意売却の優れている点は、住宅ローンを完済していない状態で不動産を手放せるという点です。ここで仕組みをお伝えします。任意売却を行なうにあたっては、専門のコンサルタントが登場します。コンサルタントが債務者と債権者の仲介を行ない、債権者の合意を取ることで住宅ローンの金額以下で不動産を売却することができるという手法が任意売却なのです。裁判所が介入する競売はどうしても強制力が発動されます。その結果、場合によっては日常生活が脅かされることも起きてしまいます。しかし、任意売却であれば裁判所の介入はありません。債務者の判断が入り込む余地のある手法なのです。
任意売却はますます注目を浴びています。その詳細を知ることで、不動産売買への理解がより深まることでしょう。